神戸交通事故無料相談会のご案内(H26.01)

神戸交通事故無料相談会のご案内(H26.01)

神戸・兵庫県内で交通事故にお困りのみなさまへ

弁護士法人あしや 岡田法律事務所事務局

弁護士法人あしや 岡田法律事務所(兵庫県芦屋市 代表 弁護士岡田潤)は、平成26年1月25日土曜日、JR芦屋駅前の当事務所において、交通事故・後遺障害に関する無料相談会を開催致します。
当事務所では、不慮の交通事故でお怪我をなさった方々への無料相談会事業に注力しており、毎月1回、放射線科の医師の協力を得て、医療分野のご相談にも対応できる交通事故の法律相談会を開催しております。

相談会には、神戸・芦屋・西宮といった地域の皆様はもちろんのこと、姫路や、遠くは広島からもご参加頂いており、交通事故被害者救済のための活動の重要性を痛感しているところです。

弁護士、医師による交通事故の無料相談、お困りの皆様はお気軽にご活用ください。

無料相談会のご案内

[dt_list style=”1″ dividers=”false”][dt_list_item]日時:平成26年1月25日土曜日 午前10時~午後7時まで[/dt_list_item][dt_list_item ]場所:弁護士法人あしや 岡田法律事務所(JR芦屋駅前徒歩2分。詳細は後掲の地図をご覧下さい)[/dt_list_item][dt_list_item]必要書類:交通事故に関する書類一式の他、検査画像類、自動車保険に関する資料をお持ち下さい。[/dt_list_item][dt_list_item]お申込方法:お電話(0797-62-6501)またはお問い合わせフォームからお申込頂けます。[/dt_list_item][/dt_list]

無料相談会場案内図

JR芦屋駅北側徒歩2分です。

医師の共催で行う交通事故の無料相談

当事務所が行う交通事故無料相談には、医師が参加します。

何故、医師が参加して無料相談を行う必要があるのでしょうか?

交通事故相談に医師のセカンドオピニオンが必要な理由とは?

交通事故に遭ってお怪我をなさった場合、レントゲンを撮ります。交通事故で最も多いとされるむちうちでレントゲンを撮った結果、椎間板に以上が見られたとしましょう。

この時、40代以降の被害者であれば、この椎間板に異常がある原因が、事故に起因するものなのか、年齢を経たことにより自然に変成しており、事故前からその状態だったのか、医師には判断が難しいケースが少なからずあります。

では、医師はどうするでしょう。実際には「骨の状態が違っている」ことすら診断書に書かないケースが少なからずあるのです。

しかし、それが事故に起因するものであった場合、そのレントゲン画像は他覚症状として医学的証拠として後遺障害の立証に用いることができます。

「この判断をもう一度弁護士とやりましょう」というのがこの無料相談の大きな目的の一つです。

医師にとって大切なことは、現状からの治療であり、その原因が事故に起因するものかどうかではありません。ですので、医師による「医師としての観点からの治療」と、交通事故解決のために必要な「診断と治療」というのは、そもそも立ち位置が異なっているのです。

交通事故に遭われた被害者の方々にとって重要なことは、レントゲンの画像結果が、事故に起因するものであるという因果関係になってきます。

このようにして考えると、交通事故を解決するためには、医学的なセカンドオピニオンを得ることが重要となってきますが、現状、そのような制度はなかなかなく、多くの医師はそのような診断を煙たがる傾向にあります。

そこで、当事務所では交通事故の被害者救済という点で志しを同じくする放射線科の専門医と共同で交通事故相談を行うことで、受傷の起点から交通事故を再度検討し、それを「賠償」という道へ組み立てていくことによって、被害者の皆様に的確なアドバイスを差し上げております。

無料相談をご活用ください。

このような弁護士・医師の共催による交通事故の無料相談は、全国的に見ても少なく、遠方からお越しになることも少なくありません。
当事務所の相談会では、むちうちから高次脳機能障害まで、多用な事例に対応し、医学的分野について医師が、法律面では弁護士が、その場で分かりやすいアドバイスを差し上げることが可能です。
JR芦屋駅前徒歩2分という交通至便な場所にございますので、芦屋や神戸の皆様のみならず、姫路や加古川といった西部の皆様、西宮、尼崎の皆様もお気軽にご活用ください。

なお、当相談会は予約制で実施しており、毎月実施はしておりますが、毎回予約が埋まってしまいますので、お早めにご予約頂きますようご案内申し上げます。