後遺障害等級14級9号

後遺障害等級14級9号

事件の概要

信号待ちのところ追突事故で頸部捻挫等の傷害を負われた事案。

後遺症で重いものが持ちにくくなり、家事にも支障がでたことから、保険会社示談提示後に相談にこられ受任。
等級については自賠責認定結果、後遺障害診断書、画像所見等を確認し14級9号が妥当と判断。

保険会社提示額から弁護士介入後に約215万円増額して示談。

保険会社提示額

通院慰謝料    90万円
休業損害     40万円
後遺障害逸失利益 30万円
後遺障害慰謝料  30万円
小計       180万円

上記のとおり、保険会社の提示額が裁判基準と比べて低かったため、弁護士が裁判基準をベースに示談しました。
その結果、当初の保険会社提示額を基準とすると賠償額が約2.2倍に増加したものです。

弁護士が示談した結果

通院慰謝料    120万円
休業損害       90万円
後遺障害逸失利益   77万円
後遺障害慰謝料  110万円
小計         397万円

[dt_call_to_action style=”1″ background=”fancy” content_size=”big” text_align=”left” animation=”none” line=”true”]

弁護士介入により保険会社の提示額より約215万円増額に成功。

[/dt_call_to_action][dt_gap height=”20″ /]

弁護士からのコメント

専業主婦の方であっても、後遺障害の逸失利益はもちろんのこと、休業損害も補償を受けることができます。

本件事例のように、保険会社からの提示額は裁判基準による算定額を下回ることが多くあります。追突事故でムチウチ被害にあわれた専業主婦の方は受傷直後から弁護士に相談・委任されることをおすすめします。