後遺障害等級非該当

後遺障害等級非該当

事件の概要

追突事故により外傷性頸部症候群、腰椎捻挫の傷害(40代女性)。後遺障害の等級はなし。

保険会社提示額

休業損害:全年齢平均賃金の60%を基準に約11万円
傷害慰謝料:約17万円

弁護士が示談した結果

休業損害:約50万円
傷害慰謝料:約63万円

[dt_call_to_action style=”1″ background=”fancy” content_size=”big” text_align=”left” animation=”none” line=”true”]

弁護士介入により保険会社の提示額より約83万円増額に成功。

[/dt_call_to_action][dt_gap height=”20″ /]

弁護士からのコメント

本件では、専業主婦の休業損害について裁判基準を下回る提示をしてきた保険会社に対し、裁判例を根拠に示談をすすめ、最終的に裁判基準にしたがい解決しました。