後遺障害14級9号による交通事故解決事例

後遺障害14級9号による交通事故解決事例

事件の概要

40歳代、 自営業の男性が追突事故により頚椎捻挫の負傷。
保険会社より治療打ち切りの連絡があり不安になられ、弁護士に相談され委任されました。
弁護士が医師面談、後遺障害申請からサポートし、14級9号が認定されました。


自営業のため収入の立証が問題になりましたが粘り強く交渉継続し納得の行く後遺障害逸失利益が認められました。

[dt_call_to_action style=”1″ background=”fancy” content_size=”big” text_align=”left” animation=”none” line=”true”]

弁護士介入により賠償額約300万円で示談。

[/dt_call_to_action][dt_gap height=”20″ /]

慰謝料内訳

通院慰謝料 約70万円
後遺障害慰謝料 110万円
後遺障害逸失利益 約60万円
その他休業損害等 約60万円