頚椎捻挫・腰椎捻挫(むちうち)

頚椎捻挫・腰椎捻挫(むちうち)

こんにちは。当ホームページをご覧頂きありがとうございます。弁護士法人あしや 岡田法律事務所の弁護士岡田です。

当事務所では、交通事故でお怪我をなされた方々のために交通事故の無料相談を実施しております。特に、月に一度、医師を招く無料相談会を開催しており、医療面でのセカンドオピニオンが得られることから、遠方からお越しになる被害者の皆様もいらっしゃいます。

このブログでは、当職の執務に関する思いや、交通事故解決において知っておくと便利な事柄をご紹介してまいります。

今回は、頚椎捻挫・腰椎捻挫(むちうち)について考えます。

交通事故とむちうち

当事務所では、追突事故にあわれて、むち打ちの症状が辛く苦しんでおられる主婦の方から多数ご依頼をいただいており多数の解決事例がございます。

特に、肩から腕、指にかけて痺れがある方は、14級9号など後遺障害の可能性がありますので相談してください。

追突事故により主婦の方に14級9号が認定されれば、通院6ヶ月、20歳代から50歳代の方であれば、弁護士が交渉すれば賠償額は300万円を超える事例も少なくありません。

事故内容、治療内容や家事労働な内容、症状などにより例外はありますが、当事務所の解決事例を参照してください。

ご本人が交渉しても賠償額は150万円から160万円程度以下が多いと思います。

家事ができないのに、医師に冷たくされ、保険会社にも冷たく対応され、不満はありませんか?

ご相談のタイミングは、事故直後、できるだけ早めがベストです。

事故から4、5ヶ月以降では治療検査内容などに不十分な点があり手遅れになることが少なくありません。

特に、弁護士費用特約がついているか、同居の家族の保険などもご確認ください。

わからなければ保険証券をFAXいただけましたら無料で確認させていただきます。

もちろん14級9号が認定済みであれば、弁護士費用を払っても、それ以上の賠償額の増額が期待できることが多いですので、ご相談いただけましたら幸いです。

当事務所では、毎月放射線科医も参加する交通事故無料相談会を開催しております。是非ご活用ください。