異議申立

異議申立

こんにちは。当ホームページをご覧頂きありがとうございます。弁護士法人あしや 岡田法律事務所の弁護士岡田です。

当事務所では、交通事故でお怪我をなされた方々のために交通事故の無料相談を実施しております。特に、月に一度、医師を招く無料相談会を開催しており、医療面でのセカンドオピニオンが得られることから、遠方からお越しになる被害者の皆様もいらっしゃいます。

このブログでは、当職の執務に関する思いや、交通事故解決において知っておくと便利な事柄をご紹介してまいります。
今回は、むち打ち(頚椎捻挫)で14級9号が認定される場合について解説します

弁護士が後遺障害に関与する重要性

自賠責調査事務所に異議申立を行い、12級13号が認定されました。
プラトー骨折などの受傷を負った依頼人が、私に委任する前に事前認定で、14級9号と低い評価でした。
漫然と後遺障害の申請は医師と保険会社に任せて、被害者が積極的に立証しないと、等級が薄まってしまうことは社会正義に反し許されない事態です。

賠償額の大半を構成する後遺障害について漫然と医師任せや保険会社任せにすることは弁護過誤になりかねないと自戒しています。

さらに法的知識だけでなく、医学的知識や実務経験を積み上げ交通事故の後遺症で苦しむ依頼人の救済のために尽力して参ります。

示談や賠償額のことだけでなく、後遺障害に関することであってもお気軽に無料相談をご活用ください。