後遺障害非該当についてのご相談

後遺障害非該当についてのご相談

こんにちは。当ホームページをご覧頂きありがとうございます。弁護士法人あしや 岡田法律事務所の弁護士岡田です。

当事務所では、交通事故でお怪我をなされた方々のために交通事故の無料相談を実施しております。特に、月に一度、医師を招く無料相談会を開催しており、医療面でのセカンドオピニオンが得られることから、遠方からお越しになる被害者の皆様もいらっしゃいます。

このブログでは、当職の執務に関する思いや、交通事故解決において知っておくと便利な事柄をご紹介してまいります。

第二回目の本稿では、意外に多い後遺障害が非該当だった場合における当事務所の考え方についてご説明させて頂きます。

後遺障害が非該当でもご相談ください

後遺障害は非該当の通知を受けた方、特に、追突事故によるむち打ち主婦の方は弁護士に委任するメリットがある場合が多いです。

通院6ヶ月程度の主婦の方は、弁護士が交渉することで、20万円から30万円程度以上増額することが多いです。通院状況などケースにより50万円以上増額する可能性もあります。

保険会社の提示額から弁護士が交渉して増額した部分の一定割合を弁護士費用とする完全成功報酬制により、弁護士費用の費用倒れになるリスクを回避できますのでご相談ください。

まずは、異議申し立てを検討させていたたきますが、傷害部分だけでも、通常より依頼者様に有利な報酬条件でサポートが可能です。

ご参考になさってください。