交通事故の解決までと弁護士特約

交通事故の解決までと弁護士特約

こんにちは。当ホームページをご覧頂きありがとうございます。弁護士法人あしや 岡田法律事務所の弁護士岡田です。

当事務所では、交通事故でお怪我をなされた方々のために交通事故の無料相談を実施しております。特に、月に一度、医師を招く無料相談会を開催しており、医療面でのセカンドオピニオンが得られることから、遠方からお越しになる被害者の皆様もいらっしゃいます。

このブログでは、当職の執務に関する思いや、交通事故解決において知っておくと便利な事柄をご紹介してまいります。
今回は、交通事故解決までの流れを概観します。

弁護士に委任されたら

弁護士が症状を確認、本件事故との因果関係等を詳細に検証した上で、症状固定時期と目標等級を決定、その立証方法を具体的に説明します。
弁護士より、およその損害賠償額、解決に要する期間、問題点の説明をします。

弁護士にお任せいただく場合の流れ

1.弁護士と委任契約の締結

2.弁護士のサポート開始

  • 治療先における医師面談、専門医の受診、後遺障害診断書(案)の作成と主治医に対する説明
  • 被害者請求手続
  • 放射線科医師など専門医による鑑定書を手配

弁護士が受任した後は、このような手続を行います。

3.等級獲得後、弁護士が示談交渉を開始
示談交渉には、保険会社との話し合い、調停斡旋における解決、訴訟の提起を含んでいます。

このような手続において、弁護士特約の加入があれば、費用について、被害者に個人的な負担をお願いすることがないので、安心です。

後遺障害が見込めない場合、
→傷害部分について、弁護士が地裁基準で示談交渉することで合意

すでに後遺障害14級9号、12級7号が認定されている場合
→弁護士が、調停斡旋を含む示談交渉を開始する。

ムチウチで既に14級9号が認定されているなど、ご自身又はご家族の車の保険に弁護士費用特約がついている場合は、すぐに弁護士に相談し、委任されるべきです。

1年間に約1500円の保険料負担で弁護士費用特約に加入できます。 是非ご加入ください。