治療に関する損害

治療費について

治療費として認められる損害は、病院に支払った費用を全額請求することができます。ただし、治療内容が、被害者の意図的な高額治療や過剰診療、濃厚診療と考えられる場合、その部分の治療費が損害として認められるためには、事故との因果関係、必要性、相当性を立証していく必要があります。

マッサージ治療、温泉治療、鍼灸、治療器具、薬品代について

医師の指示によって行った(購入した)ものであれば、損害として認められる傾向にあります。医師の指示がない場合には、治療効果が認められるなどの事情がない限り、損害として認められません。治療効果が認められた場合でも、全額が請求できるわけではありません。

個室使用料について

看護・治療上で個室使用の必要があった場合や空室が無かった場合等、特別の事情がない限り、損害として認められません。