請求できる損害賠償

交通事故で負傷した被害者は、損害賠償として治療費や入院費、病院までの交通費、事故で休業した期間の収入、後遺症による将来の収入の減少分、慰謝料、そして死亡事故に関する損害賠償、弁護士費用などを加害者に請求することができます。

下記にそれぞれの場合における損害とその賠償に関して簡単にまとめしました。ご参考にしていただければ幸いです。

治療に関する損害

治療費として認められる損害は、病院に支払った費用を全額請求することができます。ただし、被害者の意図的な高額治療や過剰診療、濃厚診療でありと、事故との因果関係、必要性、相当性が認められない場合にはその部分の治療費は損害として認められません。

入通院に関する損害

被害者が入院・通院でかかった交通費、入院中の日用品、付添看護費など治療に付随する諸費用を必要経費として加害者に請求することができます。

休業に関する損害

休業損害とは、被害者が、交通事故で負傷により、仕事を休んだために失った収入分です。収入の減収分、賞与、昇給、諸手当がこれに該当します。

後遺障害に関する損害

後遺障害とは、「これ以上治療を継続しても症状の改善が見込めない」と医師に判断され、将来に渡って体に障害が残ることです。後遺障害に関する損害として、「後遺症による逸失利益」と「後遺症慰謝料」があります。

死亡事故に関する損害

ご家族が交通事故で亡くなってしまった場合、遺族は損害賠償として次の3つを請求することができます。

  • 死亡慰謝料
  • 死亡逸失利益
  • 葬祭費

次はどのページをご覧になりますか?