脊柱骨折等による後遺障害

このページでは、脊柱骨折とその他の体幹骨骨折についてご説明いたします。

脊柱骨折

脊椎圧迫骨折は、脊椎が押し潰されるように変形してしまう骨折です。
脊柱とは、頭側から尾側の尾骨までの骨の連なりの柱です。頭側から頸椎7個、胸椎12個、腰椎5個の合計24個の椎骨が椎間板を挟んで形成されていて、最後の第5腰椎の尾側には、仙骨と尾骨がついています。(但し、後遺障害等級表上の「脊柱」の障害には、仙骨及び尾骨は含まれません。)脊柱の自賠責の後遺障害等級については、脊柱の運動障害と変形障害に着目して、次のとおり等級認定がなされています。

脊柱の運動障害

6級5号 脊柱に著しい変形または運動障害を残すもの
8級2号 脊柱に運動障害を残すもの

脊柱の変形障害

6級5号 脊柱に著しい変形を残すもの
8級2号 脊柱に中程度の変形を残すもの
11級7号 脊柱に変形を残すもの

変形障害では、脊椎の圧迫骨折や脱臼で 2 個以上の椎体に変形が認められ、変形した椎体の前方高が後方高に比して 50 %以上であることが 6 級 5 号の認定の要件となります。1 個の椎体の同様の変形では、 8 級 2 号が認められます。

腰椎・頚椎・胸椎の圧迫骨折等による後遺障害

頚椎、胸椎、腰椎などは脊柱の一部です。脊柱に骨折が起こると手足に神経の症状が出ることがあります。交通事故による大きな外力で脊柱骨折が起きた場合は、骨折に加え脊椎の脱臼(だっきゅう)を伴うこともあり、背骨の配列が乱れ、脊髄や神経を圧迫すると、上肢や下半身の麻痺(まひ)が出現します。

頚椎・胸椎・腰椎の圧迫骨折等による後遺障害等級

6級5号 脊柱に著しい変形又は運動障害を残すもの
8級2号 脊柱に運動障害を残すもの
11級7号 脊柱に変形を残すもの

6級5号について

「脊柱に著しい変形を残すもの」とは、エックス線写真、CT画像またはMRI画像で、脊椎圧迫骨折等を確認することができる場合で、次のいずれかに該当するものです。

  1. 脊椎圧迫骨折等により2個以上の椎体の前方椎体高が著しく減少し、後彎が生じているもの
  2. 脊椎圧迫骨折等により1個以上の椎体の前方椎体高が減少し、後彎が生じると共に、コブ法による側彎度が50度以上となっているもの

「脊柱に著しい運動障害を残すもの」とは、次のいずれかにより頚部および胸腰部が強直したものをいいます。

  1. 頚椎および胸腰椎のそれぞれに脊椎圧迫骨折等が存しており、そのことがエックス線写真等により確認できるもの
  2. 頚椎および胸腰椎のそれぞれに脊椎固定術が行われたもの
  3. 項背腰部軟部組織に明らかな器質的変化が認められるもの

8級2号について

「脊柱に運動障害を残すもの」とは、次のいずれかに該当するものをいいます。

  1. 次のいずれかにより、頚部および胸腰部の可動域が参考可動域角度の1/2以下に制限されたもの
    ・頚椎または胸腰椎に脊椎圧迫骨折等を残していることがエックス線写真等により確認できるもの
    ・頚椎または胸腰椎に脊椎固定術が行われたもの
    ・項背腰部軟部組織に明らかな器質的変化が認められるもの
  2. 頭蓋・上位頚椎間に著しい異常可動性が生じたもの

11級7号について

「脊柱に変形を残すもの」とは、脊椎圧迫骨折等を残しており、そのことがエックス線写真等により確認することができる場合で、次のいずれかに該当するものです。

  1. 脊椎圧迫骨折等を残しており、そのことがエックス線写真等により確認できるもの
  2. 脊椎固定術が行われたもの(移植した骨がいずれかの脊椎に吸収されたものを除く)
  3. 3個以上の脊椎について、椎弓切除術等の椎弓形成術を受けたもの

その他の体幹骨骨折による後遺障害

その他の体幹骨骨折による後遺障害とは鎖骨、胸骨、肋骨、肩甲骨、又は骨盤骨に著しい変形を残すものです。鎖骨・胸骨・肋骨・肩甲骨・骨盤骨の体幹骨の変形障害は、医師も被害者も見逃しているケースが多いので要注意です。

その他の体幹骨骨折による後遺障害

12級5号 裸体となったとき、奇形や欠損が明らかにわかる程度のもの

体幹骨に 2 ヵ所以上の変形が存在するときは、これらを併合し 11 級の認定としています。

詳しくは厚生労働省の障害投球認定基準をご確認ください。

次はどのページをご覧になりますか?