後遺障害の種類

後遺障害を部位別に分類

後遺障害とは、適正な治療を行ったにもかかわらず完治せず、将来的に身体的又は精神的な毀損が残存することで、治療を続けても改善が望めない段階で残ってしまった障害のことをいいます。

後遺障害にはその症状の程度に応じて14段階の等級が設定されており、それぞれの等級に対応した補償が支払われることになります。

したがって、適正な等級認定を受けなければ、適正な損害賠償額を支払ってもらうことができません。納得のいく等級認定を得るためには、事故で負った怪我や、残っている症状との関係性を具体的に医師に書いてもらうことがポイントです。

後遺障害の分類・等級は多岐にわたりますので、各ページにてご確認下さい。
頭の後遺障害

身体の後遺障害