弁護士費用

このページでは、当ホームページを運営しております弁護士法人あしや 岡田法律事務所の弁護士費用についてご案内いたします。
弁護士費用についてご不明な点がおありでしたら、お気軽にお問い合わせくださいませ。

法律相談料

無料

着手金

不要

弁護士費用特約がなくても、着手時にご費用をお支払い頂く必要はありません。必要な費用は示談を終え、賠償金が入金されてからの精算となります。

弁護士に依頼しようとする際、不安になることの1つに、費用負担に関しては、大きなものだと思います。実は、弁護士が交通事故案件の示談などに加わることで、ある一定の補償額の増額は、ほぼ約束されているに等しいのです。そのことをご存じないだけで、大きな損をしている方も少なくありません。だからこそ、弁護士法人あしや 岡田法律事務所は、費用が損害賠償金が上回ることのない、完全成功報酬を導入し、被害者の方々が安心して弁護士に委任できるようにしております。

報酬金(税込み)

①保険会社からの示談額の提示がない段階で委任される場合

21万円+獲得金額の10.8%

②保険会社からの示談額の提示後に委任される場合

21万円+保険会社からの提示額から増額分の21.6%

訴訟に移行した場合

上記①②に加え着手金として20万円~(応相談)

弁護士費用特約がある方は基本的に弁護士費用については保険で支払われますので、依頼者様にご負担はありません。

弁護士費用特約とは

あなたが加入されている保険に「弁護士費用担保特約」がついていれば、弁護士への相談料として10万円まで、依頼した場合の着手金や報酬金といった弁護士費用として通常300万円までは、保険会社で支払ってくれます。
つまり、弁護士費用が300万円の金額の範囲内であれば、あなたは弁護士費用を自己負担なしで弁護士に依頼し、示談交渉や裁判を進めることができます。
また、この制度を使ったらかといって、あなたの毎月の保険料が増えるわけではありませんので、交通事故にあわれた方で、費用の面で弁護士に依頼するかどうか迷ってる方はご自身の加入されている保険を調べてみてください。

通常、保険会社の示談の提示の段階までは、弁護士費用を負担するだけの賠償額を得られるのかわからない場合があります。そうすると、費用負担のリスクから、交通事故に精通している保険会社との交渉を自分でしなければならなくなる可能性があり、その結果、治療費、休業補償の打ち切りを受け入れざるを得なくなる場合もあります。

ですが、弁護士費用特約に入っていれば、このような場合でも、弁護士に事件解決を任せることができます。そして、重大事故でない場合には、弁護士費用が300万円を超えることはありませんので、あなたの弁護士費用の負担は、実質上無料になります。また、重大事件でも300万円の範囲内では、弁護士費用を保険でカバーできるので、負担がかなり軽減できます。

保険会社は加入者に対し、あえて弁護士特約が付いていることを教えていない場合もあるので、ご自身の保険を、ぜひ確認してみてください。
また、ご自身の保険に「弁護士費用担保特約」がついていなくても、ご家族の保険についている場合はご家族の保険が使える可能性があります。

※依頼者様の過失が大きい場合や後遺症や傷害の程度など事案によって、上記の費用基準と異なる場合があります。
※物損事故についてはお取り扱いしておりません。

弁護士費用の用語解説

法律相談料・・・法律相談について、お支払いいただく対価のことです。

着手金・・・事件を受任する際(最初)に、これから行う仕事の対価としていただく報酬です。事件の結果に関わらず、返金しません。

報酬金・・・事件処理の結果、成功した割合に応じてお支払いいただく成功報酬です。