保険の請求方法

加害者の加入している保険により、請求先や請求方法が異なります。

ここでは保険の請求方法についてご説明致します。ご参考にしていただけましたら、幸いです。

加害者が自賠責保険だけに加入している場合

加害者損害賠償金を支払わない場合は、被害者から自賠責保険会社に直接賠償金の支払いを請求します。自賠責保険からの支払基準の上限は、例えば以下のようになっています。

  • 傷害:120万円
  • 死亡:3,000万円
  • 後遺障害:75万円~3,000万円
  • 介護を要する後遺障害:3,000万円~4,000万円

加害者が契約している自賠責保険会社に連絡すれば、請求書類セットを郵送してもらえますので、これを自賠責保険会社に送付して請求することになります。その際に必要な書類は下記のようになります。

必要書類

  • 交通事故証明書
  • 休業損害証明書
  • 診断書
  • 後遺障害診断書
  • 診療報酬明細書等

加害者が自賠責保険と任意保険に加入している場合

加害者が任意保険に加入している場合、基本的には保険会社と示談交渉をすることになります。

任意保険の支払い限度額

保険金の算定方法 支払いの基準は各保険会社が内部で独自に定めています。詳しくは任意保険の支払基準をご覧下さい。

保険会社からの示談案に注意してください。

多くの交通事故被害者の方が保険会社からの示談案を受け入れてしまっていますが、保険会社の提示額は本来受け取れるべき金額の半分にも満たない金額であることもあります。交通事故に遭われた場合や、ご家族やお友達が交通事故被害で苦しんでいらっしゃる場合は、弁護士に相談することをおすすめします。

加害者が保険に入っていない場合

加害者が自賠責保険にも、任意保険にも加入していない場合やひき逃げ事故で加害車両が分からない場合、政府の自動車損害賠償補償事業にから自賠責保険と同様の補償を受けることがきます。

また、被害者自身が任意保険の「人身傷害補償保険」や「無保険車傷害保険」に加入している場合は、自分が加入している損害保険会社へ請求することもできます。自身が交通事故にあった、また家族が交通事故に遭ってしまった場合は出来るだけ早く弁護士に相談に行き、今後の進め方のアドバイスをもらってください。当事務所の弁護士は交通事故の解決実績が多くあります。お気軽にご相談下さい。