むちうちから高次脳機能障害まで。交通事故・後遺障害に関するあらゆる相談に対応します。

ゆっくり話せる1時間の電話無料相談、フリーダイアルです。

岡田の相談における、5つのポイント。1.後遺障害のサポートができる。2,画像分析ができる。3,レセプトが分かる。4,医師と話す。5,ネットワークを活かす。
相談料無料・無料で着手・報酬後払いで対応致します。

無料相談で分かること

今、何をすべきかをアドバイスします。

交通事故は一つとして同じものはなく、その形態により注意すべき点、気をつけるべき点は様々です。
たとえば、車の追突事故とバイク・自転車の事故では当然対応の仕方が変わってきます。
当事務所では、お客様からの話を伺い、今何をすべきかについてアドバイスを差し上げます。

後遺障害についてアドバイスします。

後遺障害は、簡単に言うと「事故に起因した症状であって、通院を継続し治療した結果残存したお身体の不具合」です。
ですので、事故に起因していることをしっかり検査で立証できなければ、後遺障害が認められることはありません。また、通院の継続も大切です。どこに、どのように通院し、どのような検査を受けておけば良いのか。
後遺障害は残らないのが一番ですが、万が一に備えてしっかりした対策を行う必要があります。
当事務所の無料相談では、必要な検査、通院先、通院回数や医師への対応について細かくアドバイスしております。

賠償額の見込みをご案内致します

交通事故には遭わないのが一番です。しかし、もし遭ってしまったら、時間を巻き戻すことはできず、後は金銭での補償を受けて解決するほかはありません。
ですので、被害者の皆さまにとって、適正な補償を最大限受けるということは大切になります。
この賠償額の算定は、保険会社が行うのと弁護士が地方裁判所支払い基準で行うのとで、差が生じます。当然、保険会社の算定額よりも、弁護士の算定額が高いことが一般的です。
当事務所では、後遺障害の予想等級に合わせて賠償額の見込みをご案内し、被害者の皆さまの不安を軽減するよう心を配っております。

電話による無料相談実施中

「直接話すのはちょっと気が引ける」とお考えの皆さまに電話無料相談を実施しています。

弁護士 岡田潤

弁護士岡田潤

交通事故に遭われた被害者の皆様のお言葉に真摯に向き合い、社会復帰への道を一緒に歩んでいけるよう最善を尽くします。数多くの事件を受任して培った経験を皆さまに還元し、妥協せず粘り強く交渉を続けます。
示談や賠償額、交通事故によるお怪我のことなど、事の大小を問わず、どうぞお気軽にご相談ください。

交通事故・後遺障害・賠償金のご相談について

当ホームページは、交通事故の被害にあわれた方に交通事故に関するトラブルの知識をご提供することを目的として、弁護士事務所である弁護士法人あしや 岡田法律事務所が開設・運営しております。
運営責任者である弁護士の岡田は、交通事故の専門性を高めるため、交通事故・後遺障害分野に特化しております。

近時、インターネットインフラとスマートフォンの発達により、高度な情報が簡単に、誰もが手にすることができるようになりました。様々な疑問に対する「答え」が、インターネットには溢れている、と言っても差し支えない状態です。

とはいえ、交通事故や後遺障害について、情報を得るだけではなく、具体的な解決に踏み出そうとなされるのであれば、その解決方法は、交通事故の態様ごとに様々です。
当ホームページ内に掲載している解決事例と類似の事案であったとしても、同様に解決するとは限らず、事案ごとに検討していく必要があります。

具体的な交通事故解決への一歩を踏み出そうとなさる方、或いは、保険会社の対応に疑問や不信感をお持ちの皆様におかれましては、各種の無料相談をご利用ください。

お電話でのご相談にも対応しておりますが、当法律事務所では、検査画像を弁護士が確認し、医学的見地から後遺障害を再度精査することで、有益な相談サービスをご提供しております。

交通事故に精通した弁護士から同時にアドバイスを受けることのできる無料相談を是非ご活用ください。

被害者の皆様が正当な補償をお受けになって社会復帰を果たされる。

当事務所では、そのお手伝いができるよう、被害者の皆様のお役に立てる情報、交通事故の最新判例などを随時を発信してまいります。どうぞご活用ください。

ゆっくり話せる1時間の電話無料相談、フリーダイアルです。

弁護士岡田潤

無料相談をご活用下さい。

交通事故無料相談は事務所において行う他、重篤な症状でご本人様が動きづらい場合、病院までお伺いしての面談も実施しております。後遺障害は初期の対応が大切で、医師にどのようにかかわっていくかなど、細やかに考えていく必要があります。
当事務所では事故直後からサポートをしており、地域にかかわらずご相談に対応させて頂きます。

交通事故・後遺障害無料出張相談のご案内

弁護士法人あしや 岡田法律事務所では、、交通事故でお怪我をなされた方を対象に、無料出張相談を行っております。

この出張相談は「重篤な事故でお身体の自由がきかない被害者様にも十分な救済を」という事務所理念のもと、地域にかかわらず実施しております。

相談では、過失割合や慰謝料と言った法律面での相談だけでなく、後遺障害部分についても専門的なアドバイスを差し上げることで交通事故に関する被害者の悩みやご不安にお応えしております。

この無料相談は、被害者の皆様に充実した支援をご提供することを目的としております。「弁護士による無料相談」と書くと、敷居が高いように思われますが、ミニカーを持参して事故状況を再現したり、骨モデルを動かしながら受傷部位を確認したりと、和やかな雰囲気でご相談頂けます。

この無料相談は予約制で実施しております。まずはお気軽にお問い合わせください。

弁護士による交通事故・後遺障害無料相談

出張相談実施中!

症状などによりご相談の方法を一緒に考えてまいります。詳しくはお電話でお問い合わせください。

交通事故の解決実績をご紹介!

1億2,000万円の賠償額で和解

高次脳機能障害 自賠責3級 男性会社員

将来介護費 約4600万円を含む賠償金 約1億2,000万円で和解成立(*)
高次脳機能障害3級では将来介護費が認められない傾向がありますが本件では約4,600万円が認められました。
高次脳機能障害の専門医による各種検査を経て、後遺障害の申請からサポートし、示談により早期解決となりました。

(*治療費約2,000万円、休業補償・自宅改造費など相手方任意保険会社からの内払い金約1,300万円は含まず)

後遺障害を立証し高次脳で併合6級を獲得

夜間、依頼者様のバイクが青信号の交差点に侵入したところ、信号無視してきた相手方車衝突され脳挫傷などの重傷を負われました。あまりの重傷事故でどうなるのか不安をもたれた依頼者様の親族が事故からまもなくに弁護士に相談にこられました。

◇弁護士介入の成果◇

脳挫傷の傷病名や画像所見、記憶障害等の日常生活上の異常等により高次脳機能障害を想定して後遺障害の申請に不可欠な各種検査を依頼。

医師面談定期的に繰り返し、神経心理テスト等について補充検査を行うとともに放射線科専門医に画像鑑定を依頼するなど準備をすすめしました。
その上で後遺障害を申請し、想定とおり併合6級が認定されました。

6,300万円で和解した事例

加害者が飲酒運転で赤信号を無視し交差点に進入し、交差点に進入した依頼人様のバイクと衝突した事故でした。極めて悪質な事故です。

◇受傷内容◇

衝突後、頭部を地面に強打されるなどしたため脳挫傷、鎖骨骨折等の重傷を負われ、事故前と比べて些細なことでも怒りっぽくなり性格変化が認められ、記憶障害等の高次脳機能障害、肩関節機能障害等の症状が残存した。事故前の仕事はもはや困難になりました。

◇弁護士への相談◇

受傷約4ヵ月後に弁護士に相談されたところ、受傷部位や傷病名から高次脳機能障害、関節機能障害等を想定し、症状固定時に必要な検査等の証拠収集をご案内。
なお、弁護士費用については弁護士費用特約に加入されていたので費用の心配もなく委任して頂きました。

◇賠償請求 結果◇

後遺障害の内容の立証については、症状固定に際し、くまなく証拠を確保できたことから訴訟に耐えられる見込みがつき訴訟を検討していたが、他方で、公的証明が不足するなど基礎収入の立証が難航することから後遺障害診逸失利益が低くなるリスクや依頼人様の早期解決の希望もあり、交渉により解決を試みました。
基礎収入については、公的証明が不十分であったが、現地調査や関係資料を取り寄せ、精査して交渉した結果、納得のいく基礎収入を保険会社が採用しました。
慰藉料や逸失利益等は概ね弁護士の請求内容が認められ、支払額約6300万円で和解が成立したものです。

被害者の皆様のために岡田法律事務所ができること

受傷直後から事故解決まで、重傷事案は全国対応でサポートしていきます。

受傷直後からのサポート

当事務所では、交通事故に精通した弁護士が、受傷直後から事故解決までを一貫してサポートいたします。
交通事故では、後遺障害に対する理解とそれに基づく対応で事故解決の内容が大きく変わってくることが少なくありません。
当事務所では、交通事故を単純な法律問題として捉えるのではなく、初期診断を検討することから執務を始めていきます。「被害者救済」と一言で言っても、被害者の皆様が求められていることは様々です。
当事務所の弁護士は、お一人おひとりにとっての「最善の『被害者救済』とは何なのか」という問題に真摯に向き合い、被害者の皆様と歩みを揃えて解決への道案内をいたします。

休業損害の先行請求(内払い)

交通事故で入院することになると、治療費や生活費など、先立つものに不安を覚えてしまわれることでしょう。
当事務所では、弁護士が依頼人の状況に応じて休業損害を先行して請求する、いわゆる「内払い」を行うなど、被害者の皆様が、不安も疑問もない状態で社会復帰へのリハビリを行える環境を整えるお手伝いをいたします。
また「弁護士」は「カウンセラー」と英訳されることもあるように、単に交通事故の解決に向けて執務を行うだけでなく、被害者の皆様の心のケアにも努めております。

専門医との提携

医学的な知識と分析なしに交通事故を適正に解決することはできない、と言っても過言ではないほどに、交通事故において医学的見地からの検討は重要です。
当ホームページでは、弁護士が医学的知識の研鑽に努めているのはもちろんのこと、検査画像を精査する放射線科医と提携することにより、被害者様に有益なサービスを提供しております。
放射線科医は、大きな病院では、外科や内科医師の依頼を受けて検査画像を読み取り、主治医の判断材料にもなる意見書を作成するような業務を行っています。
当ホームページでは、このような専門医も参加する無料相談会を開催している他、必要に応じて医院の紹介斡旋など行い、医療面からも依頼人をサポートしております。

むちうちの豊富な経験

むちうちの等級認定において、当ホームページが最も重要視しているのは『最新動向を知っておく』ことです。
そもそも、後遺障害の等級認定には明確な基準があります。しかし、むちうちは検査画像等で医学的な立証が十分できていない場合にも認められ得ます。つまり、むちうちの認定にはある種の「幅」が存在しているのです。
その幅は、常に変動しているため、1年前同様のケースで等級の認定を受けることができた症例だから今回も認定を受けられる保証はどこにもありません。
当ホームページでは、むちうち案件を処理している実績から、常に最新動向を分析しており、その分析に基づいて適切なアドバイスを行っております。

ゆっくり話せる1時間の電話無料相談、フリーダイアルです。

弁護士法人あしや 岡田法律事務所 東京事務所

事務所名
弁護士法人あしや岡田法律事務所
所属会
兵庫県弁護士会
代表者
岡田 潤